INTRODUCTION

トニー賞7冠に輝く スタイリッシュなコメディミュージカルの決定版!



 本作は、1961年にブロードウェイで初演され、以降1417回のロングランヒットという記録を打ち立てた傑作ミュージカルです。翌1962年のトニー賞では最優秀ミュージカル作品賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、製作者賞、演出賞、指揮・音楽監督賞の7冠を達成し、大きな注目を集めました。1995年にはマシュー・ブロデリック主演でリバイバル上演、さらに2011年にはダニエル・ラドクリフ主演で再び上演され、トニー賞8部門にノミネートされるなど、世代を超えて愛される名作です。そして今回、2011年版クリエイティブチームの一人であり、本作を知り尽くしたクリス・ベイリー氏のもと2020年版新演出に挑みます。思わず口ずさんでしまうような魅力的な音楽と軽快なダンスを楽しめる傑作が2020年初秋、いよいよ幕を開けます。

増田貴久、初の海外ミュージカルに挑む!

 主演を務めるのは増田貴久。音楽活動をはじめ、舞台・バラエティ番組、そして今年4月から放送されたドラマ「レンタルなんもしない人」(テレビ東京系列)でドラマ初主演を務めるなど、幅広く活躍しています。これまでミュージカル作品への出演を熱望していたという増田。初の海外ミュージカルへの挑戦となる本作は、抜群の歌唱力と表現力豊かなダンスを存分に堪能できる作品となるでしょう。是非、ご期待ください。

ミュージカル常連の実力派を中心に、作品を華やかに彩るキャストが集結!!

共演は、98年に「ピーターパン」で主演デビュー、以降、抜群の歌唱力としなやかな表現力でミュージカルをはじめ数々の作品で活躍し、近年は「ウエスト・サイド・ストーリー」での好演も記憶に新しい笹本玲奈がヒロインのローズマリーを演じます。そして、歌手、ドラマ、舞台と幅広く活躍し、今年も「サンセット大通り」で存在感を発揮している松下優也。舞台、映画、ドラマ、バラエティと、女優として幅広く活躍中、今作で初めてミュージカルに挑戦する雛形あきこ。抜群の歌唱力でグランドミュージカルをはじめとする舞台で活躍している演技巧者の鈴木壮麻、高い歌唱力を生かし「ベイビーレイズJAPAN」のメインヴォーカリストとして活躍後、ミュージカル女優として活躍の場を広げている林愛夏、音楽デュオ「バブルガム・ブラザーズ」でデビュー後、俳優としても活動し、今年はミュージカル「天国の本屋」にて物語のカギを握る役を演じたブラザートム。
さらに、宝塚歌劇団花組トップスターとして約6年活躍し、退団後も観客を魅了する歌声と凛とした存在感でミュージカル作品を中心に歌手としても活躍している春野寿美礼、そして、魅惑のバリトンボイスを武器に数々のミュージカル作品に出演、近年は「デスノートTHE MUSICAL」でその確かな演技力と存在感を見せた今井清隆。実力と華を兼ね備えたキャストが集結、作品を彩ります。

あらすじ

ビルの窓ふき清掃員フィンチ(増田貴久)は、ある日「努力しないで出世する方法」という本を読んで感化され、出世を強く意識するようになる。“入るべきは大企業”という本の教えに沿って、ワールドワイド・ウィケット社に飛び込んだフィンチは、偶然出会った社長のビグリー(今井清隆)に直談判。そんな彼を一目で気に入った秘書のローズマリー(笹本玲奈)は友人である秘書のスミティ(林愛夏)とともに何かと世話を焼く。人事部長のブラット(鈴木壮麻)に社長の関係者だと勘違いされたフィンチは首尾よく入社、トゥインブル(ブラザートム)が郵便室長を務める郵便室に配属される。そこには社長の甥で出世を狙うバド(松下優也)がいた。本の教えに沿って行動するフィンチは、社長秘書のミス・ジョーンズ(春野寿美礼)にも気に入られ、ヘディ・ラ・ルー(雛形あきこ)という専属秘書も付き、出世はトントン拍子。ローズマリーとの恋も上手く運んで、全てが順調…だったある日、重大なアクシデントが発生。果たして、フィンチの幸運もこれまでなのか…!?

ページトップへ